【必見】賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社【滞納歴があってもOK】

「入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社ってあるの?」

賃貸の入居審査において、このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

賃貸の入居審査は不動産会社によって審査の基準が大きく異なります

不動産会社によって利用する家賃保証会社も異なりますし、家賃保証会社を利用しない不動産会社も存在するからです。

つまり、入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社は存在します。

今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、

入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社

について詳しく解説をしていきます。

  • 入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社の特徴
  • 入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社のメリットデメリット
  • 入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社を厳選1社紹介

おもに上記3点について解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことで入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社が分かります。

「なかなか入居審査に通過することができない…」

「入居審査に通過できるか不安…」

このような不安をお持ちのあなたはぜひ最後までお読みになってみてください。

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社の特徴

どのような不動産会社が「ゆるい・通りやすい」入居審査となるのか。

まずは賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社の特徴をお伝えしていきます。

まとめると大きく4つの不動産会社に分けることができます。

  1. 家賃保証会社を利用しない不動産会社
  2. 独立系の家賃保証会社を利用する不動産会社
  3. グループ会社の保証会社を利用する不動産会社
  4. 無職・生活保護・高齢者・外国籍を受け入れてくれる不動産会社

それぞれ詳しく解説をしていきます。

①家賃保証会社を利用しない不動産会社

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社の中でも最も入居審査がゆるくなりやすいのが、

「家賃保証会社を利用しない不動産会社」です。

そもそも、賃貸の入居審査は下記の3つで行われることが一般的です。

  • 家賃保証会社の審査
  • 建物を管理する不動産会社の審査
  • オーナーの審査

この3つの審査のうち、最も大きな比重を占めるのが家賃保証会社の審査になります。

<関連記事>

賃貸の入居審査に落ちた…その多くの理由は家賃保証会社にあり!

賃貸の入居審査で落ちてしまう多くの理由は家賃保証会社によるものです。

その家賃保証会社を利用しない不動産会社の賃貸入居審査は当然ゆるくなります

また、家賃保証会社を利用する場合は「保証委託料」として保証料を支払わなければいけません。

家賃保証会社を利用しない不動産会社の場合は保証料を支払わずに済むので、初期費用を抑えられるメリットもあります。

しかしながら、このような家賃保証会社を利用しない不動産会社の入居審査では連帯保証人が必要となるケースがありますのでその点には注意が必要です。

②独立系の家賃保証会社を利用する不動産会社

近年の賃貸の入居審査は家賃保証会社を利用することが一般的となっており、全体の8割・9割近くの物件が家賃保証会社を利用する賃貸契約となります。

つまり上記でご説明した「①家賃保証会社を利用しない不動産会社」は実際にはかなり少ないです。

しかし、家賃保証会社を利用する不動産会社の物件が全て審査が厳しくなるかと言うとそういう訳でもありません。

家賃保証会社は大きく分けると、

  • 信販系の保証会社
  • 独立系の保証会社

に分けることができます。

このうちの信販会社が運営する信販系の保証会社では個人信用情報を元に審査を行います。

つまり個人信用情報にキズがある方の場合、信販系の保証会社の入居審査に落ちてしまうことになります

しかし独立系の保証会社は個人信用情報を確認しないので、その分信販系の保証会社よりも入居審査がゆるく審査に通りやすいです。

ですので、個人信用情報にキズがある方の場合は、信販系の保証会社を避けて独立系の保証会社を利用する不動産会社の物件を選択するか、保証会社を利用しない不動産会社の物件を選択することで入居審査に通過することができるでしょう。

<関連記事>

【入居審査落ち確定!?】クレジットカードの滞納と賃貸審査の関係

③グループ会社の保証会社を利用する不動産会社

グループ会社の保証会社を利用する不動産会社は、独自の審査基準となるため入居審査がゆるく審査に通りやすいです。

代表的な不動産会社の例を挙げますと、

  • 大東建託
  • レオパレス

おそらく誰もがご存知の大手賃貸不動産会社ですね。

大東建託の場合は「ハウスリーブ」というグループ会社の保証会社を利用しています。

レオパレスも同様に「プラザ賃貸管理保証」というグループ会社の保証会社を利用しています。

どちらも独立系の保証会社となりますので個人信用情報にキズがある方でも全く問題ありません

大手賃貸不動産会社ながら比較的入居審査がゆるい不動産会社と言えます。

<関連記事>

大東建託の入居審査は甘い!知っておきたい6つのポイント!

レオパレスの入居審査基準を徹底解説!【無職・保証人なしOK】

④無職・生活保護・高齢者・外国籍を受け入れてくれる不動産会社

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社の特徴として、

無職・生活保護・高齢者・外国籍を受け入れてくれる不動産会社があります。

このような入居受け入れの広い不動産会社は、預貯金審査や代理契約といったさまざまな方法で入居審査が可能なケースが多いです。

また、入居受け入れの広い不動産会社は審査がゆるい独立系の保証会社を利用していることが多いですが、独立系の保証会社の中でも特に審査がゆるい保証会社を利用していることも多いです。

<関連記事>

無職だとアパート借りられない?【40才50才でも審査に通る5つの方法】

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社のメリットデメリット

ここまで賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社の特徴を4つご紹介いたしました。

ご紹介した特徴を持つ不動産会社の物件を選択することで入居審査に通過できる可能性はかなり高まります。

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社には一見メリットばかりのように思われがちですが、実際にはデメリットも存在します。

ここでは賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社のメリットデメリットをまとめていきます。

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社のメリット

  1. 入居審査に高確率で通過
  2. 入居審査時間を短縮
  3. 保証料を節約できる可能性がある

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社のメリットを3つ挙げました。

最大のメリットは何と言っても「①入居審査に高確率で通過」することができることでしょう。

特に個人信用情報にキズがある方や、過去に入居審査に落ちた経験がある方は貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社を選ぶ大きなメリットがあります。

また、結果的に入居審査に一発で通過することは「②入居審査時間の短縮」にも繋がります。

引越しの期間にあまり余裕がない方でも賃貸の入居審査に一発で通過することでスムーズな賃貸契約が可能になります。

さらに、「家賃保証会社を利用しない不動産会社」であれば「③保証料を節約」することができます。

家賃保証会社を利用しない不動産会社は少ないものの、このような不動産会社の物件であれば初期費用を抑えて賃貸契約が可能です。

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社のデメリット

  1. 入居者マナーが悪くなりやすい
  2. 入居者間のトラブルが発生しやすい
  3. 保証料が高く設定されやすい

反対に、賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社のデメリットも3つ挙げました。

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社は言い換えれば「誰でも簡単に入居ができてしまう」とも言えます。

本来なら審査に落ちてしまうような方でも入居ができてしまう物件の場合、入居者マナーが悪くなりやすい傾向があります。

たとえば日本の文化になれていない外国籍の方のゴミ出しのマナーや騒音トラブルなどが悪く、入居者間のトラブルも発生しやすくなります。

さらに家賃保証会社の中には審査基準がゆるい分、相場よりも保証料が高めに設定されている家賃保証会社も存在します。

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社を選ぶ場合は上記のデメリットも考慮しておくと良いでしょう。

賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社を厳選1社紹介

最後に賃貸不動産会社に勤める筆者が、賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社を厳選1社紹介させていただきます。

ご紹介させていただく不動産会社は「ビレッジハウス」という不動産会社です。

ビレッジハウスは費用面が優れている

ビレッジハウスは最初にご説明した数少ない、

「家賃保証会社を利用しない不動産会社」です。

そのため、賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社の中でもかなり審査基準がゆるい不動産会社となります。

家賃保証会社を利用しない不動産会社ですので保証料が発生しない点もポイントです。

また、連帯保証人も原則不要ですので、連帯保証人を立てることができない方でも安心です。

さらにビレッジハウスは、

無職の方
アルバイト・フリーターの方
高齢者の方
生活保護の方
外国籍の方 など…
入居審査の受け入れも広い不動産会社です。
さらにビレッジハウスのすごいところは入居審査がゆるいだけではありません。
  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 更新料なし
  • フリーレント1ヵ月

初期費用が安いことも非常に魅力です。

また、現在ビレッジハウスでは最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーンを行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

ビレッジハウスなら初期費用5万円以下!

なんてことも…

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今だけ3万円キャンペーン中!/

また、ビレッジハウスの入居審査については下記の記事をご参照ください。
関連記事

敷金が無くて礼金も無くて仲介手数料も無くて... さらに更新料も無くて... ビレッジハウスは初期費用が安く家賃も安い物件が多いため、費用面重視でお部屋探しをされている方に人気がある賃貸不動産会社です。 カンニング[…]

ビレッジハウスの入居審査について

まとめ

今回は賃貸の入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社について詳しく解説を致しました。

賃貸の入居審査は不動産会社によって審査の基準が大きく異なります。

今回お伝え致しました、

  1. 家賃保証会社を利用しない不動産会社
  2. 独立系の家賃保証会社を利用する不動産会社
  3. グループ会社の保証会社を利用する不動産会社
  4. 無職・生活保護・高齢者・外国籍を受け入れてくれる不動産会社

上記4つの入居審査がゆるい・通りやすい不動産会社の特徴を参考に、ぜひ賃貸の入居審査に通過していただけましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたが入居審査に通過し、良いお引越しができることを祈っています。

スーモ引っ越し

これから引越し業者をお探しのあなたにおすすめなのがSUUMO引越し見積もり!

SUUMO引越しなら最大50%安くなります。

スーモ引っ越し割引例
画像引用元:SUUMO引っ越し見積りサイト

さらにSUUMO引越し見積もりなら、

  • 一度の入力で複数社に無料で一括見積もり
  • 電話番号の入力は任意

一括見積もりは効率は良いけど一斉に電話が掛かってきて大変…

このような経験をされた方もいらっしゃるはずです。

SUUMO引越し見積もりは電話番号の入力が任意なのでメールだけでやりとりが可能です。

自分のペースでゆっくり比較検討できますね。

引越し料金を抑えて快適な新生活を♪

\お見積もりかんたん無料!/