【入居審査落ち確定!?】クレジットカードの滞納と賃貸審査の関係

賃貸契約では必ず行われる入居審査。

賃貸の入居審査では基本的に「家賃を安定して支払える証明」ができれば問題なく承認となることがほとんどです。

たとえば、

  • 家賃に対して問題ない月収・年収がある
  • 貯蓄額に余力がある

などですね。

しかし、賃貸の入居審査の中には、「家賃を安定して支払える証明」ができる方でも入居審査に落ちてしまうこともあります。

それがクレジットカードの滞納や携帯代の滞納歴がある場合です。

そこで今回は賃貸不動産会社に勤める筆者が、クレジットカードの滞納や携帯代の滞納歴がある方の賃貸入居審査について詳しく解説をしていきます。

賃貸の入居審査の中でも非常に重要なポイントとなりますので、ぜひ最後までお読みいただけましたら幸いです。

\初期費用0円でお引っ越し!/

スムーズ広告1

クレジットカードの滞納で入居審査に落ちるケース

クレジットカードの滞納歴がある方が賃貸の入居審査に落ちてしまうケースは、

信販系の保証会社を利用する不動産会社の入居審査です。

信販系の保証会社とは、クレジットカード会社などの信販会社が運営している保証会社のことです。

このような信販系の保証会社の場合、個人信用情報を元に審査を行います。

よって、クレジットカードの滞納歴が入居審査に影響するという訳です。

クレジットカードの滞納歴がある=信販系の保証会社の審査に100%落ちる

とは言い切れませんが、かなりの確率で入居審査に落ちてしまうと思っておいた方が良いでしょう。

有名な信販系の保証会社

ここでは有名な信販系の保証会社をお伝えしていきます。

  • オリコフォレントインシュア
  • 株式会社アプラス
  • 株式会社セゾン
  • 株式会社ライフ
  • 株式会社ジャックス
  • 株式会社エポスカード
  • 株式会社セディナ

以上の信販系の保証会社では、クレジットカードの滞納がある方は審査に落ちる可能性が高いです。

そして上記の信販系の保証会社を利用している有名な不動産会社もお伝えしておきます。

  • エイブル
  • ミニミニ
  • ホームメイト
  • ハウスメイト
  • タウンハウジング
  • 積和不動産
  • 大和リビング(D-roomカード)

など…多くの不動産会社が信販系の保証会社を利用しています。

しかし、上記の不動産会社も信販系の保証会社だけを利用している訳ではありません。

信販系の保証会社ではない保証会社を利用できる物件もありますので、まずは営業担当者に相談することが大事です。

携帯代の滞納や自己破産をしている場合の入居審査は?

クレジットカードの滞納歴だけではなく、携帯代の滞納歴がある方や自己破産をされている方も信販系の保証会社の審査に落ちてしまう可能性が高いです。

しかし、携帯代の滞納歴に関しては携帯本体の分割払いに対しての滞納歴となります。

携帯の通信代の滞納歴に関しては個人信用情報の記録に残らないので、その点は少し安心が出来るかと思います。

家賃の滞納について

クレジットカードの滞納や携帯代の滞納だけではなく、過去に家賃を滞納してしまった方もいらっしゃると思います。

家賃の滞納については、全国賃貸保証業協会(LICC)と呼ばれる協会に加盟している保証会社同士で家賃滞納情報などを共有しています。

この全国賃貸保証業協会(LICC)に加盟している保証会社で家賃を滞納したことがある場合、新たに入居審査を受ける保証会社がLICCに加盟している保証会社だと審査に落ちてしまう可能性があります。

過去の家賃滞納情報をLICC同士で共有しているためです。

LICCに加盟している保証会社は現在13社あります。

  • アーク株式会社
  • 株式会社アクアインシュア
  • 株式会社アルファー
  • エルズサポート株式会社
  • 株式会社近畿保証サービス
  • 興和アシスト株式会社
  • ジェイリース株式会社
  • 全保連株式会社
  • 賃住保証サービス株式会社
  • ニッポンインシュア株式会社
  • ホームネット株式会社
  • 株式会社ランドインシュア
  • 株式会社ルームバンクインシュア

出典:全国賃貸保証業協会

過去に家賃滞納をされてしまった方はLICCの保証会社ではないか一度確認をしておいた方が良いでしょう。

\無料!LINEでかんたん登録/

スムーズ広告2

クレジットカードの滞納歴や携帯代の滞納歴は5年で消える

クレジットカードの滞納や携帯代の滞納歴がある方でも、滞納してから5年間経つと滞納歴は消滅します。

ちなみに自己破産歴は個人信用情報機関によって異なり、5年~10年となっています。

情報引用元:ブラックリストが消えるまでの期間

もう少しでブラックリストから消滅するようであれば、ブラックリストから消滅してからお部屋探しをした方が幅広い選択肢の中から物件を選択することができます。

ブラックリストに載っているどうかは自分でも確認可能

しかし、実際にいつからブラックリストに載っているのか、把握している人はほとんどいらっしゃらないと思います。

自分が現在ブラックリストに載っているのかどうかは自分でも確認することができます。

3つの個人信用情報に窓口や郵送、携帯・スマートフォン経由で開示請求をすることが可能です。

約500円~1,000円程の費用が掛かってしまいますが、心配な方は一度ご確認しても良いかもしれません。

クレジット・携帯代の滞納歴がある人が入居審査に落ちない方法

クレジットカードの滞納や携帯代の滞納、自己破産歴がある人が入居審査に落ちない方法は、

信販系の保証会社を避けることです。

じつは、全体で見れば信販系の保証会社はそこまで多くありません。

ほとんどの家賃保証会社が独立系と呼ばれる独自の審査基準で入居審査を行う家賃保証会社となります。

ですので信販系の保証会社を避けても、多くの不動産会社の物件を選択肢に含めることができます。

また、一般のお部屋探しをされる方が、

「どの物件が信販系の保証会社を利用する入居審査であるか」

を知ることは困難です。

少し抵抗はあるかもしれませんが、担当する営業マンに素直に滞納歴があることを告げて信販系の保証会社を利用しない物件を紹介してもらう形がスムーズにお部屋探しができる方法になります。

まとめ

今回はクレジットカードの滞納や携帯代の滞納歴がある方の入居審査について詳しく解説をいたしました。

クレジットカードの滞納などの滞納歴がある方の場合は、信販系の保証会社の入居審査は高確率で落ちてしまいます

そのため、信販系の保証会社を避けて、独立系の保証会社で入居審査を受けることが審査に通過する重要なポイントとなります。

また、信販系の保証会社を避けるためには担当の営業マンに独立系の保証会社を紹介してもらうのが一番早いです。

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら幸いです。

あなたが良い営業マンに出会って、より良いお部屋探しができることを祈っています。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を立て替えてくれて後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

つまりスムーズなら初期費用0円で入居することができます。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 首都圏・大阪・名古屋エリアで利用可能

となります。

現状では全国すべてのエリアでは利用できないサービスですが、首都圏・大阪・名古屋エリアでお探しで、初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

また、福岡エリアや北海道エリアも年内には利用できるようですので、福岡・北海道エリアでお探しの方もLINE登録だけしておくのも良いでしょう。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます