イントラストの審査について知っておきたい5つのポイント!

これから賃貸の入居審査を受けられる方で、

「イントラスト」

という家賃保証会社の審査を受けられる方もいらっしゃると思います。

イントラストは大和リビングの「D-support」の保証会社にもなっており、大和リビングのD-supportの審査としてイントラストの審査を受けられる方も多いでしょう。

そこで今回はイントラストの審査について、知っておきたい5つのポイントをまとめました。

  • イントラストとは?
  • イントラストの審査基準
  • イントラストの保証料
  • イントラストの審査に落ちるケース
  • イントラストの審査日数

上記5つのポイントを詳しく解説していきますので、この記事をお読みいただければイントラストの審査について詳しくなれますよ。

イントラストとは?

イントラストは2006年に設立された保証会社です。

家賃債務保証だけではなく、医療保証・介護保証・損害保険代理業・生命保険代理業などさまざまな事業に取り組み、東証一部上場の企業となっています。

また、2007年には大和リビングと業務提携をしており「D-support審査」の保証会社としてよく利用されている保証会社です。

イントラストの審査基準

イントラストの審査基準が厳しいかどうか、気になる方は多いと思います。

結論から申し上げますと、

「イントラストの審査は厳しめ」

となります。

イントラストの審査は不動産会社ごとに保証システムや保証料が変わる仕組みとなっており、不動産会社によっては信販会社と提携し金融審査を行う可能性があります。

信販会社と提携した金融審査を行う場合は、クレジットカードや携帯代の滞納歴などの個人信用情報をもとに審査が行われる形となりますので、一般的な家賃保証会社の審査よりも審査が厳しくなります。

たとえば大和リビングの「D-supportの審査」を受ける場合、クレジット機能が付くD-roomカードを発行する場合は個人信用情報を見られて審査が行われる可能性が高いと言えます。

ですので「D-supportの審査」によってイントラストの審査を受けられる方の場合は、審査が厳しめになりますので注意が必要です。

反対に金融審査を行わない場合は、個人信用情報は見られずイントラスト独自の独立した審査となりますので審査はゆるくなります。

このようにイントラストの審査では不動産会社ごとに審査基準が変わっていく形となります。

イントラストの保証料

イントラストの保証料は提携する不動産会社によって異なっていきます。

ちなみに大和リビングの「D-supportの保証料」は、

初回保証料:月額合計の60%
年間保証料:1年毎に1万円
となっています。
家賃保証会社の保証料の相場は、
初回保証料:月額合計の50%
年間保証料:1年毎に1万円
となりますので、イントラストの保証料はほぼ相場通りに収まることが多いのではないかと思います。

イントラストの審査に落ちるケース

イントラストの審査に落ちてしまうケースをまとめました。

  • 個人信用情報にキズがある方
  • 過去にイントラストで家賃滞納歴がある方
  • 収入に見合わない家賃を選択する方
  • 言葉づかいや態度、身なりが悪い方
  • 犯罪歴、前科のある方

上記に当てはまる方はイントラストの審査に落ちてしまう可能性が高いと言えます。

それぞれ詳しく解説をしていきます。

個人信用情報にキズがある方

先程お伝えいたしましたとおり、クレジットカードや携帯代の滞納歴など個人信用情報にキズがある人はイントラストの審査に落ちてしまう可能性が高いです。

また、クレジットカードの滞納や携帯代の滞納歴がある方の入居審査については下記の記事にて詳しく解説をしています。

よろしければ参考にご覧ください。

関連記事

賃貸契約では必ず行われる入居審査。 賃貸の入居審査では基本的に「家賃を安定して支払える証明」ができれば問題なく承認となることがほとんどです。 たとえば、 家賃に対して問題ない月収・年収がある 貯蓄額に余力がある[…]

【入居審査落ち確定!?】クレジットカードの滞納と賃貸審査の関係

過去にイントラストで家賃滞納歴がある方

過去にイントラストの保証で家賃滞納歴がある方も審査に落ちてしまう可能性が高いです。

ちなみにその他の保証会社で家賃を滞納している場合は、イントラストは家賃保証協会などに加盟しておらず、情報の共有をしていないので、審査結果に悪影響を及ぼす可能性は低いです。

収入に見合わない家賃を選択する方

収入に見合わない家賃を選択すると審査に落ちてしまうこともあります。

基本的に高くても月収の1/3以下の物件を選択するようにしましょう。

また、収入に適した家賃に関しましては下記の記事で詳しく解説をしています。

よろしければ参考にご覧ください。

関連記事

これから部屋探しを始める人が悩まれる問題として、 「賃貸の入居審査で必要な年収は?手取りは?」 「いくらくらいの家賃の物件を選んだらよいか」 このような悩み・疑問をお持ちの方も多いと思います。 そこで今回は賃貸不動産[…]

賃貸入居審査で必要な年収の手取りは?適正な家賃はいくら?

言葉づかいや態度、身なりが悪い方

不動産会社に対しての言葉づかいや態度、身なりが悪い人は「入居後にトラブルを起こす人物」と判断されて入居審査に落ちてしまう可能性があります。

不動産会社に来店する時には言葉づかいや態度、身なりにはできる限り気を付けましょう。

犯罪歴、前科のある方

過去に犯罪歴や前科がある方は入居審査に通過することができません。

イントラストの審査に限らず、多くの保証会社で審査に通過することが難しいです。

以上、5つのイントラストの審査に落ちてしまう場合をまとめました。

個人信用情報が問題なく、家賃を支払える証明ができて適正な家賃を選択していれば、入居審査に落ちてしまうことはほとんどありません。

イントラストの審査日数

イントラストの審査日数はだいたい2日~3日程で結果が出ることが多いでしょう。

ただし、

  • 申込書の不備
  • 必要書類の未提出
  • 不動産会社の定休日をまたぐ
  • 不動産会社のミス

などの要因により審査結果が大きく遅れることもございます。

3日以上経っても審査結果が出ない場合は、一度仲介不動産会社に確認の連絡を入れた方が良いです。

また、大和リビングの「D-supportの審査」の場合、管理会社である大和リビングの審査に時間が掛かってしまう事が多いので注意が必要です。

関連記事

賃貸ハウスメーカーの中でもトップクラスの人気を誇る 「大和リビングのD-room」 実際にこれから大和リビングD-roomの入居審査を受ける方や、すでに入居審査中の方も多いと思います。 しかし大和リビングD-roomの入居[…]

D-roomの審査は遅くて厳しい...

まとめ

今回はイントラストの審査について解説をいたしました。

イントラストの審査は不動産会社によって金融審査も入る可能性があるので審査が厳しめになります。

個人信用情報にキズがあり審査が不安な方は、個人信用情報を見られない独立系の保証会社の物件を選択することで入居審査に通過できる可能性が高くなります。

この記事が少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

ビレッジハウスは費用面が優れている

賃貸の入居審査がなかなか通らない…

とお困りのあなた!

入居審査がゆるいビレッジハウスがおすすめです。

個人信用情報にキズがある方
無職の方
アルバイト・フリーターの方
高齢者の方
生活保護の方
外国籍の方 など…
一般的に入居審査が厳しいとされる方でもビレッジハウスなら審査に通る可能性が高いです。
さらにビレッジハウスは、
  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • フリーレント1ヵ月

初期費用が安いことも非常に魅力です。

また、現在ビレッジハウスでは最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーンを行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

ビレッジハウスなら初期費用5万円以下!

なんてことも…

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今だけ3万円キャンペーン中!/

ビレッジハウスの入居審査については下記の記事をご参照ください。
関連記事

敷金が無くて礼金も無くて仲介手数料も無くて... さらに更新料も無くて... ビレッジハウスは初期費用が安く家賃も安い物件が多いため、費用面重視でお部屋探しをされている方に人気がある賃貸不動産会社です。 カンニング[…]

ビレッジハウスの入居審査について